Madeleine Arthur の最高の映画

Madeleine Arthur の最高の映画

TOP 6:

Grace

Grace
性格: Sally
ジャンル: スリラー, ホラー
初演: 2014

この映画もjanet Kidder の最高の映画の1つであることをご存知ですか?

TOP 5:

カラー・アウト・オブ・スペース -遭遇-

カラー・アウト・オブ・スペース -遭遇-
元のタイトル: Color Out of Space
性格: Lavinia Gardner
ジャンル: ホラー, 謎, サイエンスフィクション, スリラー
初演: 2020
恐怖小説やSF小説の先駆者H・P・ラブクラフトの「ザ・カラー・アウト・オブ・スペース(宇宙からの色/異次元の色彩)」をニコラス・ケイジ主演で映画化したSFホラー。ネイサン・ガードナーと妻のテレサは子どもたちとともに大都会の喧噪から逃れるため、閑静な田舎に移住してきた。しかし、前庭に隕石が激突して以来、一家の生活は心と体に影響を及ぼす地球外変異体との戦いに明け暮れ、理想としていた静かな田舎暮らしは悪夢へと変わってしまう。ケイジがネイサン役を演じるほか、ネイサンの妻テレサ役を「レッド・スパロー」のジョエリー・リチャードソン、長女ラヴィニア役を「ビッグ・アイズ」「好きだった君へ P.S.まだ大好きです」のマデリン・アーサーがそれぞれ演じる。監督は「ハードウェア」「ダスト・デビル」のリチャード・スタンリー。


TOP 4:

To All the Boys: P.S. I Still Love You

To All the Boys: P.S. I Still Love You
性格: Christine
ジャンル: ロマンス
初演: 2020

この映画もnoah Centineo の最高の映画の1つであることをご存知ですか?

TOP 3:

ビッグ・アイズ

ビッグ・アイズ
元のタイトル: Big Eyes
性格: Older Jane
ジャンル: ドラマ
初演: 2014
1950年代から1960年代にかけて、哀愁漂う大きな目の子供を描いた絵画「BIG EYES」シリーズが世界中で人気を博す。作者のウォルター・キーンは一躍アート界で有名人になるものの、実際に制作していたのは妻マーガレットだった。自身の感情を唯一表現できる絵画を守るため、マーガレットは自分が描いたという事実の公表を考える。
この映画もemily Maddison の最高の映画の1つであることをご存知ですか?

TOP 2:

好きだった君へのラブレター

好きだった君へのラブレター
元のタイトル: To All the Boys I've Loved Before
性格: Christine
ジャンル: コメディ, ロマンス
初演: 2018
今までの恋で味わっていた気持ちがよみがえったらどうなるだろう...それもいっぺんに! 男の子を好きになるたび、こっそりラブレターを書いていたララ・ジーン。けれど、出すつもりのなかった手紙がなぜか本人に届けられ、妄想の恋が大変なことに!


TOP 1:

To All the Boys: Always and Forever

To All the Boys: Always and Forever
性格: Christine
ジャンル: コメディ, ドラマ, ロマンス
初演: 2021


madeleine Arthur の最高の映画が好きなら、彼の映画の多くが一致するnoah Centineo の最高の映画も好きになるでしょう。