Julian Morris の最高の映画

Julian Morris の最高の映画

TOP 7:

Something Wicked

Something Wicked
性格: Ryan
ジャンル: 謎, スリラー
初演: 2014

この映画もshantel VanSanten の最高の映画の1つであることをご存知ですか?

TOP 6:

Donkey Punch

Donkey Punch
性格: Josh
ジャンル: ホラー, ドラマ, スリラー, 犯罪
初演: 2008


TOP 5:

Dragonheart 3: The Sorcerer's Curse

Dragonheart 3: The Sorcerer's Curse
性格: Gareth
ジャンル: ファンタジー
初演: 2015

この映画もtamzin Merchant の最高の映画の1つであることをご存知ですか?

TOP 4:

Sorority Row

Sorority Row
性格: Andy
ジャンル: ホラー, 謎
初演: 2009

この映画もbriana Evigan の最高の映画の1つであることをご存知ですか?

TOP 3:

Cry Wolf

Cry Wolf
性格: Owen Matthews
ジャンル: ホラー, スリラー
初演: 2005

この映画もcharles Martin Smith の最高の映画の1つであることをご存知ですか?


TOP 2:

ザ・シークレットマン

ザ・シークレットマン
元のタイトル: Mark Felt: The Man Who Brought Down the White House
性格: Bob Woodward
ジャンル: ドラマ, 履歴, スリラー
初演: 2017
「ウォーターゲート事件」の全容と事件を内部告発したFBI副長官の姿を、リーアム・ニーソン主演で実話をもとに映画化したサスペンスドラマ。アメリカ合衆国史上初めて任期半ばで辞任に追い込まれたリチャード・ニクソン大統領。その引き金となったウォーターゲート事件の捜査の指揮にあたったFBI副長官マーク・フェルトは、なかなか進展しない捜査の裏にホワイトハウスが捜査妨害をしていることを察知し、事件自体がホワイトハウスの陰謀によるものであることを悟る。大統領に忠実なL・パトリック・グレイFBI長官に捜査協力が期待できない中、フェルトは事件の真相を明るみにするため、大胆な決断をする。フェルト役を「96時間」「シンドラーのリスト」のニーソン、妻オードリー役を「トスカーナの休日」のダイアン・レインが演じる。監督は「コンカッション」「パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間」のピーター・ランデスマン。「オデッセイ」「ブレードランナー」のリドリー・スコットが製作。

TOP 1:

ワルキューレ

ワルキューレ
元のタイトル: Valkyrie
性格: Young Lieutenant - Desert
ジャンル: ドラマ, スリラー, 履歴, 戦争
初演: 2008
第2次世界大戦末期、ドイツの敗色が日増しに濃くなる中で誰よりも祖国を愛するがゆえに非人道的な悪行を重ねるナチス総統ヒトラーに絶望し、一刻も早く何とかせねばと憂慮を募らせていたシュタウフェンベルク陸軍大佐は、ある大胆不敵な計画を思い付く。それはドイツ国内で有事の際に反乱勢力を鎮圧するという“ワルキューレ作戦”を巧みに利用してヒトラーを暗殺し、ナチスの政権を転覆させて実権を掌握するというものだった。


julian Morris の最高の映画が好きなら、彼の映画の多くが一致するshantel VanSanten の最高の映画も好きになるでしょう。