David Meunier の最高の映画

David Meunier の最高の映画

TOP 5:

インクレディブル・ハルク

インクレディブル・ハルク
元のタイトル: The Incredible Hulk
性格: Soldier
ジャンル: サイエンスフィクション, アクション, アドベンチャー
初演: 2008
科学者のブルース・バナーは、恋人ベティの父、ロス将軍の命令を受けて人体への放射線抵抗を研究していた。ところがその研究実験中に事故が発生、多量のガンマ線を浴びたブルースは、怒りを感じて心拍数が200を越えると約2.7メートルもの巨大な緑色のモンスター=ハルクに変身する特殊体質となってしまう。それ以来、彼を利用しようとする軍の追跡を逃れ、ブラジルに身を隠して治療薬開発と細胞の解明に専念するブルース。しかし、ふとした出来事からブルースの居場所が割れてしまい、ロス将軍によって送り込まれた特殊部隊員ブロンスキーらに包囲されてしまう。だがその時ブルースはハルクへと変身、部隊を一蹴し、間一髪のとこで逃亡に成功するのだったが…。
この映画もmartin Starr の最高の映画の1つであることをご存知ですか?

TOP 4:

Kevin Hart: What Now?

Kevin Hart: What Now?
性格: Victor
ジャンル: コメディ
初演: 2016

この映画もed Helms の最高の映画の1つであることをご存知ですか?


TOP 3:

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド
元のタイトル: Pirates of the Caribbean: At World's End
性格: Greitzer
ジャンル: アドベンチャー, ファンタジー, アクション
初演: 2007
七つの海を駆けめぐった海賊の時代が終ろうとしていた。世界制覇をもくろむ東インド会社のベケット卿は、“深海の悪霊”ディヴィ・ジョーンズを操り、海賊たちを次々と葬っていく。彼らの生き残る道はただ一つ。9 人の“伝説の海賊”を招集し、世界中の海賊たちを蜂起させ決戦を挑むのみ。だが、その鍵を握る9人目の人物こそ、溺死した船乗りが沈む永遠の地獄“デイヴィ・ジョーンズ・ロッカー(海の墓場)”に囚われているキャプテン・ジャック・スパロウだった…。総督の令嬢エリザベスと海賊の血を引くウィルは、甦った不死身の海賊キャプテン・バルボッサと共に、ジャック奪還の手掛りを握る中国海賊の長サオ・フェンのもとへと旅立つ。彼らの運命が再び交差するとき、海賊の史上最初にして最後の決戦の火蓋が切られる―。
この映画もjonathan Pryce の最高の映画の1つであることをご存知ですか?

TOP 2:

Envelope

Envelope
性格: Lieutenant
初演: 2012

TOP 1:

イコライザー

イコライザー
元のタイトル: The Equalizer
性格: Slavi
ジャンル: スリラー, アクション, 犯罪
初演: 2014
ホームセンターに勤務するマッコールは、かつてCIAで名をはせた工作員であったが引退し、ひっそりと生活していた。ある夜、少女の娼婦テリーがロシアンマフィアにひどい扱いを受けているのを知りマッコールは自分にしかできない仕事をすることを決意した。



david Meunier の最高の映画が好きなら、彼の映画の多くが一致するmartin Starr の最高の映画も好きになるでしょう。