Charlotte Sullivan の最高の映画

Charlotte Sullivan の最高の映画

TOP 10:

388 Arletta Avenue

388 Arletta Avenue
性格: Sherry
ジャンル: スリラー, ホラー
初演: 2011

この映画もmia Kirshner の最高の映画の1つであることをご存知ですか?

TOP 9:

The Colony

The Colony
性格: Kai
ジャンル: アクション, サイエンスフィクション, ホラー
初演: 2013

この映画もkevin Zegers の最高の映画の1つであることをご存知ですか?


TOP 8:

The Last Will and Testament of Rosalind Leigh

The Last Will and Testament of Rosalind Leigh
性格: Anna / Radio Announcer
ジャンル: ホラー, スリラー
初演: 2012

TOP 7:

How to Deal

How to Deal
性格: Elizabeth Gunderson
ジャンル: ドラマ, コメディ, ロマンス
初演: 2003

この映画もmandy Moore の最高の映画の1つであることをご存知ですか?

TOP 6:

Edwin Boyd: Citizen Gangster

Edwin Boyd: Citizen Gangster
性格: Mary Mitchell
ジャンル: 犯罪, ドラマ
初演: 2011

この映画もkevin Durand の最高の映画の1つであることをご存知ですか?


TOP 5:

The Cry of the Owl

The Cry of the Owl
性格: Sally Nielson
ジャンル: ドラマ
初演: 2009

この映画もcaroline Dhavernas の最高の映画の1つであることをご存知ですか?

TOP 4:

Population 436

Population 436
性格: Courtney Lovett
ジャンル: ホラー, スリラー
初演: 2006

TOP 3:

2番目のキス

2番目のキス
元のタイトル: Fever Pitch
性格: Spin Instructor
ジャンル: コメディ, ドラマ, ロマンス
初演: 2005
英国の人気作家、ニック・ホーンビィのベストセラー・エッセイ「ぼくのプレミア・ライフ」を基にしたラブ・コメディ。誰もが避けて通れない恋の駆け引きを魅力たっぷりに描く。気立てのいいヒロインを演じるのは、『チャーリーズ・エンジェル』シリーズのドリュー・バリモア。『TAXI NY』のジミー・ファロンが野球となると人が変わる恋人役を熱演している。人はどこまで相手を受け入れられるのかが試される究極の一本。


TOP 2:

Defendor

Defendor
性格: Poppington
ジャンル: ドラマ, アクション, コメディ, 犯罪
初演: 2009

TOP 1:

(r)adius ラディウス

(r)adius ラディウス
元のタイトル: Radius
性格: Jane
ジャンル: ファンタジー, サイエンスフィクション, スリラー
初演: 2017


charlotte Sullivan の最高の映画が好きなら、彼の映画の多くが一致するmia Kirshner の最高の映画も好きになるでしょう。