最長のテニスの試合

最長のテニスの試合
ソース:listas.20minutos.es
これらの出会いのなかには、一般的に、特にウィンブルドンの歴史の中で、史上最高のもののいくつかがあります。あなたのお気に入りは何ですか?あなたの記憶には何が残っていますか?

TOP 17:
コレッチャvsサンプラス-デイビスカップ2002(3時間55分)

TOP 16:
フェラー対ステパネク-デイビスカップ2009-4時間17分
2セットに対する蓄積された不利な点を克服しなければならない後、彼は5セット(1-6、2-6、6-4、6-4および8-6)で優勢になります。


TOP 15:

ヴェルダスコ-フェラー-2010年アメリカを開く(4時間23分)

強烈で壮観なものは、4時間23分間続いた2つの間の決闘でした。最後に、どちらかが勝つことができ、最後の印象的なポイントでクラッシュを閉じた後、マドリードのプレーヤーが地面で疲れ果てたゲームを取り終えたのは、ヴェルダスコでした。

TOP 14:

Alex Corretja対HernánGumy-Roland Garros 1998(5時間31分)

1988年、32ラウンド:Alex Corretja(ESP)からHernánGumy(ARG)に5時間31分:6-1、5-7、6-7、7-5および9-7。

TOP 13:

パンチョゴンザレスvsチャールズパサレル-ウィンブルドン1969(112ゲーム)

1969年、彼は伝説的なウィンブルドントーナメントでアメリカ人チャールズパサレルと対戦しました。史上最長で112ゲームに達しました。ゴンザレスは最初の2セットを失いました(最初の2セットも長いレコードで、スコアは22-24で落ち着きました)。しかし、最終的にゴンザレスはライバルを破りました。その直後に、タイブレイク(突然の死)が導入され、6ゲームにタイがある場合にセットの延長が回避されます。


TOP 12:

Radek Stepanek対Ivo Karlovic、Davis Cup(5時間59分)。

チェコ共和国は、7-6(5)、6-7(5)、6-7(6)で、イヴォカルロビッチに対するラデクステパネクの勝利で、クロアチアのデービスカップ準決勝で最初のポイントを達成しました。 7-6(2)と14-16、最初の試合で、5時間59分続いた。巨大なカルロビッチ(ATPの31番)とステパネク(17)は、デイビスカップでは前例のない80回の連続したゲームでそれぞれのサービスを維持しました。最初の4セットはタイブレイクで決定され、5回目は30試合かかって勝者を決定しました。試合の最も印象的な事実は、カルロビッチの78の「エース」という世界記録でしたが、彼が勝利を収めることはできませんでした。

TOP 11:

フェデラーvsロディック-ウィンブルドン2009(4時間16分)

オールイングランドクラブの決勝戦で、ロジャーフェデラーは地元のアンディマレーを準決勝で破ったマラソンの試合で勝利しました。5-7、7-6(6)、7-6(5)、3- 6および16-14。

TOP 10:

マッケンローvsボーグ-ウィンブルドン1980

決勝戦は2人の非常に質の高いプレーヤー間の戦いであることが証明され、今日までに数人の人々から史上最高のテニスマッチとして選ばれています[12]。メディアはそれを「世紀の党」として洗礼を授けました。試合はマッケンローに有利に始まり、最初のセットは6-1となり、ボルグは次の2つを引き受けた。 4番目のセットはハイレベルであり、タイブレイクとして定義された最初のウィンブルドンファイナルである可能性のあるもので、最終的なタイブレイクに達しました。集中力と冷たい心の信じられないほどのデモンストレーションで、両方のプレーヤーは利用できませんでした。ボーグは彼のパスショットを誇示し、マッケンローはボレーで彼の繊細さを示しました。ボルグ(マッケンローによってネットの助けを借りて救われた)の5マッチポイントと「ビッグマック」(比較的簡単なボレーでミスした1)のための7マッチポイントの後、スウェーデン人はネットにボレーを残して終了しましたアメリカ人に有利なタイブレーク18-16。多くの人がマッケンローでの重要な感情的な注射と、マッケンローの側に向かってゲームを転がしたボルグへの不満を抱いているという事実にもかかわらず、「氷の男」は興奮せず、エキサイティングな第5セットすべてをプレイしに行きました。閉鎖8-6。


TOP 9:

デビッドナルバンディアンvsフェデラー-テニスマスターズカップ2005(4時間30分)

プレーの4時間半後、フェデラーはアルゼンチンのテニスプレーヤーに転落し、5番目のセットでタイブレークでカップに勝ち、24スイスの連続した敗北した決勝のマークを即座に破りました。

TOP 8:

フェデラーvsサンプラス-ウィンブルドン2001(3時間41分)

若いスイス人は3時間41分の試合で7-6(7)5-7 6-4 6-7(2)7-5を勝ち取りました。フェデラーは、このようにして、イングランドの緑の芝生についての彼の物語を書き始めました。

TOP 7:

クレメントvsサントロ-ローランドギャロス2004(6時間33分)。

フランスのアルノークレメントとファブリスサントロは、オープン時代(6時間33分)で最長のグランドスラムマッチを記録しました。サントロの勝利(6-4、6-3、6-7(5)、3-6、16-14)で終わった試合は月曜日に始まりましたが、その時は光量不足のため中断されました5番目のセットで5つを結んだもの。


TOP 6:

マラットサフィンvsフェデラー-オーストラリアンオープン2005(5時間)

フェデラーは全豪オープンの準決勝にマラットサフィンと対戦します(マッチは5時間近くあり、ロシアを支持して第5スリーブで9-7で解決され、マッチポイントさえありました)。

TOP 5:

マッケンロー対ウィランダー。デイビスカップ1982(6時間22分)

ジョンマッケンローがデービス史上最長の試合でタイブレークなしで9-7、6-2、15-17、3-6、8-6で勝利

TOP 4:

ナダルvsノバクジョコビッチ-マドリードマスターズ2009(4時間15分)

マドリードマスターズで最近リリースされたカハマジカで、初年度はクレイでプレーされ、ラファはセルビアのノバクジョコビッチとの印象的な試合を行いました。 )および7-6(9))は、4時間以上の遭遇と3つのマッチボールの節約後。スペインの壮大なカムバックで。

TOP 3:

Isner vs Mahut-ウィンブルドン2010(11時間5分)

決闘は火曜日に始まり、水曜日に第5セットで再開し、木曜日に665分後に合計スコア4-6、6-3、7-6、6-7、68-70で解決されました。ジョン・イスナーの最後の勝利。


TOP 2:

ナダル対ヴェルダスコ-オーストラリアンオープン2009(5時間14分)

オーストラリアのグランドスラムの中央裁判所での壮大な5セットの試合。オーストラリアトーナメント史上最長の試合(5時間14分)

TOP 1:

ナダルvsフェデラー2008ウィンブルドンファイナル((4時間48分)

試合の開始は雨で遅れた。ナダルは非常にうまく試合を開始し、最初の2セットはまったく同じ6-4でした。ナダルはすでに第3セットで、スイスのサービスを7番目の試合で0-40でリードしたときにブレークする機会がありましたが、フェデラーはなんとか回復し、第3セット全体でエラーは発生しませんでした。フェデラーが3セット目を5-4でリードしたとき、試合は雨の中で中断されました。それが再開したとき、彼らはフェデラーが7-5で取ったタイブレークでそれを決定しなければなりませんでした。 4回目は2人のプレーヤーのどちらにもサービスの中断はなく、彼らは別のタイブレークに達しました。ナダルは最初の2ポイントでチャンピオンを宣言しましたが、フェデラーは回復する方法を知っていて、セット7-6( 8)。 5番目のセットは良いテニスリサイタルでしたが、再び雨が降り、スコアが2-2になったときにゲームが再び中断され、5番目のゲームではフェデラーがサーブし、40-40でした。試合は予想外の限界まで拡大しましたが、最終的にナダルは第5セット9-7を獲得し、最終スコアは6-4、6-4、6-7(5)、6-7(8)および9-でした。 7、これはウィンブルドンの歴史の中で最も長い決勝戦(4時間48分)であり、有名なスポーツ出版物Sports Illustratedによってテニスの歴史の中で最高のゲームと見なされています[3